FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

旅の話 その3 パガンで夕日を

1年半ぶりに旅の話


ちなみに
その1↓世界の涯てに
http://kazemachiclimbing.blog106.fc2.com/blog-entry-680.html

その2↓タイのオネェNID
http://kazemachiclimbing.blog106.fc2.com/blog-entry-690.html



先日
Twitterでフォローさせていただいている方の
ヨセミテ・キャンプ4で見上げた最高の星空
についてのつぶやきを見て

私にとって
今までで最高の星空
のことを思い出した。


それは
ミャンマーのパガン(バガン)で見た星空だった。




1997年の11月から12月にかけて
私はまた一人旅に出ていた。

行き先は
ミャンマーのパガン

目的は
夕日を見ることだった。




なぜ
パガンで夕日だったのかは
思い出せない。

おそらく何かの雑誌で
パガンの夕景の写真でも見たのだろう。



パガン(バガン)は
世界三大仏教遺跡の一つ

ミャンマー中部のイラワジ川中流域の広大な遺跡群

ちなみにあとの二つは
カンボジアのアンコールワットと
インドネシアのボロブドゥール




首都のヤンゴンにあまり興味は無く
有名なシュエダゴン・パゴダだけは見た。

夜行列車に乗りパガンへ

その旅のほとんどをパガンで過ごした。





レンタサイクルを借りて
来る日も来る日もパゴダを見て回って
写真を撮って
夕日を見る

ただそれだけ。


ただそれだけ
なのに
飽きることはなかった。



旅の途中
土産物屋で働く3人の兄妹と友達になり
彼らの家で何度か食事をごちそうになった。


と言っても
裸電球一つのとても貧しい小屋だった。

家族は多く
食べ物は充分とは言えない感じだったが
客人の私には惜しみなくごちそうしてくれた。

彼らの家から
宿に帰る途中

自転車に乗りながら
見上げたパガンの星空は

最高だった。





だいたい
いつも一人旅に出ると
どこかのタイミングで
「あ~ 普段の自分の悩みなんてちっぽけだな」とか
思うことがよくあるけど

その星空の下でも
同じことを思った。






もちろん
パガンの夕日は最高で

無数の仏塔(パゴダ)が広がる景色は
絶景としか言い様が無かったが

そんな星空が一番の思い出になっている。






そして
それをしのぐ記憶が

腹痛。



3人の兄姉妹ティンティン、アーアー、ミミが作る
慣れない現地食のせいか(笑)
私は
ウィルス性の大腸炎と
ウィルス性の胃腸炎にかかり
その旅の後半を
宿のベッドの上で過ごすことになった・・・


あの地獄の日々も
忘れられない。


結局
その病のせいで
3人にきちんとしたお礼を言うこともできず
帰国してしまったのが今でも心残りだったりする。





帰国しても
胃に優しい
うどんだけの生活が
しばらく続いた。





DSC_052720130903.jpg



DSC_052520130903.jpg



DSC_052320130903.jpg



DSC_052420130903.jpg



DSC_052220130903.jpg




DSC_052620130903.jpg
ティンティン、アーアー、ミミの3姉兄妹と私







大人になって

貧乏旅行はもうこりごりだと思っているが

パガンには
もう一度

そう思う。












スポンサーサイト



2013..04  comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kazemachiclimbing.blog106.fc2.com/tb.php/848-525ff2b6

プロフィール

槻

Author:槻



2006年1月から登り始めました。

週一外岩ボルダラーです。

趣味は「岩旅」
とりあえず50岩場が目標です。


今までに登った課題

【二段】
・小川山 「犬小屋」
・小川山 「ファイナルファンタジー」


【初段】
・城ヶ崎 「漁り火ルーフ」
・御岳 「モンキーポッケ」
・御岳 「子供返し」
・御岳 「とけたソフトクリームの
          トラヴァース」
・小川山 「グロヴァッツ・スラブ」
・小川山 「神の瞳」
・小川山 「虹の入江」
・小川山 「忘却の果て」
・小川山 「フィロソフィー」
・小川山 「モルボル」
・小川山 「キングベヒーモス」
・小川山 「ギガント」
・小川山 「ファルコ」
・フクベ 「Sライン」
・フクベ 「タケコプター」
・フクベ 「枕」
・フクベ 「ナメック星人」
・フクベ 「プリングルス」
・フクベ 「ミサイル」
・フクベ 「宇宙3」
・フクベ 「朽木」
・フクベ 「マジック」
・フクベ 「トリケラトプス」
・フクベ 「瞑想」
・フクベ 「瞑想ランジ」
・笠置山 「ムームー」
・笠間 「石器人スラブ中央」
・三峰 「ペタシ」

【豊田(e)】
・百間 「ミレニアム」(e+)
・百間 「ニコル君」
・百間 「氷雨」
・巴川 「足助」
・大給 「ムーンサルト」
・大給 「鯉のぼり(e)ver.」
・城山 「俊トラ」
・城山 「寅トラ」
・城山 「ツイスト」
・宮川 「蛇の目」
・宮川 「瞬間芸」
・宮川 「枯れ葉」
・宮川 「枯山水」
・宮川 「どんぐり」
・大田下部 「こくじら」
・大田竹藪 「馬手」
・大田公園裏 「タスキ」
・椎木 「ドラゴンロード」
・大楠林道 「兄貴」
・大楠林道 「ラースベイダー」
・大楠林道 「若草萌ゆ」
・大楠林道 「ドラミング」
・大楠林道 「さかな君」
・大楠林道 「兎ハング」
・大楠林道 「バイバイ」
・大楠林道 「夜桜」
・天下峰 「罠」
・梟城址 「球根」
・梟城址 「極上おつまみ」
・梟城址 「せつ子」

【V6】
・キャッスルヒル 
   「The Unrepeatable」
・キャッスルヒル 
   「Big Bubba the Buddha」


【1Q】
・城ヶ崎 「富戸の冬」
・瑞牆 「日々の暮らし」
・小川山 「レフトスパイヤー」
・小川山 「スラブ玄関岩」
・小川山 「川遊び」
・小川山 「変人」
・小川山 「三日月ハング」
・小川山 「ヴィクターランジ」
・小川山 「涙岩無名」
・小川山 「玄関岩クラック」
・小川山 「芋掘りSD」
・小川山 「エイハブ船長」
・小川山 「流れの中に」
・小川山 「シャーク」
・小川山 「黒豆」
・小川山 「ベヒーモス」
・小川山 「キングチョックレフト」
・小川山 「ダウンはいらない」
・武庫川 「猿の腰掛」
・北山公園 
   「バーカーヘッド・マントル」
・御岳 「忍者返し」
・御岳 「丸こんにゃく右」
・御岳 「丸こんにゃく左」
・御岳 「ジャンピングフック」
・御岳 「デッドエンド」
・白州神宮川ボルダー 
   「アラスカVer.」
・三峰 「ベロンチョ凹状」
・三峰 「ゼブラカンテ」
・フクベ 「KIWA」
・フクベ 「枕岩無名」
・フクベ 「蛙岩アンダースタート」
・フクベ 「ぴっころ」
・フクベ 「トリック」
・フクベ 「ブーメランスネーク」
・フクベ 「ツノツノ」
・フクベ 「non fabric woven」
・鳳来 「オナラフェース」
・笠置山 「ユズキ」
・笠置山 「見晴らし」
・笠置山 「積木」
・笠置山 「青函トンネル」
・伊木山 「無名」


【豊田(d~e)】
・椎木 「太陽がいっぱい」


【豊田(d)】
・古美山 「一難去って」
・古美山 「キャッチャー」
・古美山 「きんつば」
・宮川 「蛇の穴」
・宮川 「つくつくぼうし」
・宮川 「カエルの親父」
・大給 「ムーンリバ」
・城山 「サイエンス」
・城山 「デルタ」
・城山 「クリリン」
・大田 「シロップ」
・大田 「ラード」
・大田下部 「アナハイムⅡ」
・大田下部 「破壊」
・大田下部 「渡り鳥」
・公園裏 「タスキ」ver.
・天下峰 「悲しき雨音」
・天下峰 「ピノキオ」
・竹藪 「絹さや」
・竹藪 「弓手」
・竹藪 「かぐや」
・アダムス 「アナコンダ」
・大楠林道 「ターミネーターⅢ」
・椎木 「ファイヤーライン」
・椎木 「噴」
・巴川 「亀トラ」
・お天道 「普通の子」
・お天道 「良い子」
・岩の殿堂 「長さん」


【1/2級】
・恵那 「のれん分け」
  

【インドア】  
・初段

【ルート】
・湯河原幕岩 「ゼルダ(5.11a)」

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索